ポストスタンプブログ

切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集コレクションし、オークションにも参加しております。コレクションの中からいろいろな消印を紹介していきます。

動植物国宝

コブハクチョウ5円ペアの逆植和文ローラー印

2020/05/19

このブログでも過去に2度ほど平成年代の「逆植和文ローラー印」を紹介しましたが、どちらも斜線式のものでした。今回は昭和61年の京都山城南加茂台局で、郵趣家による注文消しも多く存在しあまりにも有名はものです。年月日は更埴式ですのでおそらく局名部を上下逆に彫ってしまいそのまま使用し続けたと推測されます。消印に使用する印顆類は郵政管内で一括して発注するものですが、同じようなエラーが他に無いということはこの局のみ逆に彫ってしまったか、あるいは同様に逆に彫った局がありその局は使用しなかったかということです。おそらくこの局のみ間違っていたのかもしれません。

(主な逆植ローラー印局)
・昭和56年⇒豊川牛久保局
・昭和57年⇒兵庫志方局
・昭和61年⇒京都山城南加茂台局
・平成2年⇒和歌山桃山局
・平成2年~4年⇒鹿部局
・平成3年⇒河内局、札幌新琴似局
・平成5年⇒美唄局
・平成6年⇒岡崎法性寺局
・平成9年⇒北海道相ノ内局
・平成12年⇒大分鶴崎駅前局
・平成13年⇒熊本川局、愛知師崎局
・平成14年⇒塩釜花立局

 

コブハクチョウ5円ペアの逆順和文ローラー印

 

 



-動植物国宝