ポストスタンプブログ

切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集コレクションし、オークションにも参加しております。コレクションの中からいろいろな消印を紹介していきます。

動植物国宝

新キク15円の「昭和42年」櫛型印(高輪局)

2020/06/10

前回のブログで、昭和42年7月から8月にかけて発行された「新金魚7円・新キク15円・弥勒撮像50円赤・新はにわの兵士65円」は当初は京浜地区と東京南部の一部の局で発売されたと記載しましたが、今回の消印は「新キク15円」の昭和42年8月の発行翌月の「高輪局」の櫛型印になります。東京都内でも販売されていたのは大型局のみであったと推測されますが、昭和42年印で最も難易度が高いのは新金魚7円ではないでしょうか。理由は前年に発行された「旧金魚7円」が郵便局に大量に残っており、その処分が昭和43年夏頃までかかったためのようです。

 

新キク15円の昭和42年櫛型印

 

 

 



-動植物国宝