ポストスタンプブログ

切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集コレクションし、オークションにも参加しております。コレクションの中からいろいろな消印を紹介していきます。

動植物国宝

新キク15円の切手帳ペーン唐草和文機械印(豊中局)

2020/07/08

新キク15円には5種類の切手帳ペーンが発売さえました。自動販売機用3種類切手帳(15円が6枚・15円6枚とオシドリ5円2枚が表紙違いで2種)、窓口販売用切手帳(15円6枚とオシドリ5円)、ミニパック(15円が10枚)5種類です。この5種類ですが、左端でなければ単辺では区別がつきません。窓口販売用の2種類は「利用者に買い置きの習慣を育てる」ことを目的として販売されました。当時、切手帳の自動販売機は東京都内を中心に50台程度しかなかったため、窓口販売も併用したのではないでしょうか。尚、ミニパックは東京中央局、本所局、豊島局、川口局、豊中局と各局管内の渡切局で販売されています。消印は昭和44年の豊中局印ですので、おそらくミニパックではないでしょうか。

 

新キク15円ペーンの和文機械印

 

 



-動植物国宝