ポストスタンプブログ

切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集コレクションし、オークションにも参加しております。コレクションの中からいろいろな消印を紹介していきます。

動植物国宝

新キク15円の県名カタカナ和文ローラー印(アオモリ)

2020/07/03

県名カタカナ和文ローラー印は県名部を漢字ではなく「カタカナ」で表記された消印で、昭和20年代から昭和44年まで使われていました。主に近畿郵政局管内と東北郵政局管内の郵便局で使われていましたが全体の概要が記載された資料はなく、未だに発見されていない局もあるようです。昭和40年代は東北郵政管内で使用されており、昭和44年まで使われていました。従って、動植物国宝図案切手に関しても昭和44年に発行された切手には存在する可能性はありますが、昭和42年に発行された新キク15円は2年ほどの期間しかなく、定形書状用としての切手でもあり和文ローラー印が押印されるケースも少なく、かたかなローラー印は稀少なアイテムになります。消印はアオモリ小湊局印ですが、この局は比較的多く見かけます。

 

新キク15円のカタカナローラー印

 

 



-動植物国宝