ポストスタンプブログ

切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集コレクションし、オークションにも参加しております。コレクションの中からいろいろな消印を紹介していきます。

動植物国宝

コブハクチョウ5円の平成直彫和文ローラー印

2017/01/11

和文ローラー印は昭和56年以降は下記の数例を除いては、年号部が交換できる更埴式に切り替えられました。しかし平成元年に東北・中国・四国郵政局管内の中央局と普通局、分室で年号部が彫刻された和文ローラー印が突如復活しました。この和文ローラー印は平成直彫ローラー印と呼ばれています。今回の消印は松永局(広島県福山市)、珍しい局印です。この平成直彫ローラー印の登場理由は改元に対して予めかなり前より準備されていたのではないかということです。陰影の特徴は下記の画像を参考にして欲しいのですが、年号部が枠の中央部にあるということです。

 

コブハクチョウ平成直彫ローラー

 

平成直彫ローラー印の特徴
(出典元は久野徹氏のボルドーからです)

 

名 称 ~昭和49年 昭和50年~51年 昭和52年~53年 昭和54年~55年 昭和56年~57年 昭和58年~64年 平成元年 平成2年~
普通幅・一般ローラー印  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○
試行ローラー印 1期 2期
幅広ローラー印  昭和53年○  ○
年号直彫ローラー印  ○  ○
斜線ローラー印  ○

 



-動植物国宝